読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うれくやしい」

素敵なモノを見つけた時はうれしい。だけど、自分が創ったんじゃないからなんだかくやしい。そんな気持ちを大切に。

こくご、さんすう、りか、せかい。 小学館「小学一年生」

広告


http://seppaku-loser.tumblr.com/post/4549334163/77

こんにちは。

今回は、第77回 毎日広告デザイン賞に入賞した作品をご紹介します。

『こくご、さんすう、りか、しゃかい。』という誰の頭にもinputされている表現を存分にいかした作品です。

『こくご、さんすう、りか、せかい。』


世界『せかい』という言葉を表すために、ランドセルからモノを飛び出させる表現も素敵です。


小学生に夢を与えますね。


ただ単にコピーを受けて感動する人から 感動するモノを作れる人になりたいと感じました。そういった経緯もあり、2冊の本を読み終えました。


『広告コピーってこう書くんだ!読本』
『キャッチコピーの力の基本』

前者の作者コピーライターの谷山さんによると、受けてから作り手になるために大切なことはたったひとつ。『なんかいいよね』という発言を禁止して、その良いがどこからきているのか。何がいいのかをつきつめる。違いはたったこれだけだそうです。


「なんとなくいい」って割と好きなんですが、なぜなぜ思考もいいですね。